PR

子供の運動会の撮影が、真夏日の日は注意!炎天下の撮影で注意すること。

0
    運動会、デジカメ、ビデオ

    先日、30度超える真夏日の日に運動会がありました。
    グランドには、灼熱の太陽が照らされ、
    荷物置き場に置いていた水筒もだいぶ熱くなっていました




    運動会、一眼レフ

    観客席から演技を動画撮影していると、突然警告マークが点灯!
    使用していたのは、一眼レフカメラcanon eos kiss x7 

     

    Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK


    警告マークが点灯!撮影できない!

    普段、動画撮影をしないせいか、初めて見る警告マークにあわてました。

    「ん?」警告マーク点灯から、5分ほど経過したところで、撮影出来なくなりました。

    「いったいなに???」


    原因は、炎天下によりカメラ本体が熱くなりすぎたため。

    「しまった!」

    ギリギリ演技終了まで撮影できましたが、カメラの内部が熱くなっていることを忘れていました。
    とんだ非常事態です。

    理由が、わからなかったら故障したと思い込んでしまうでしょう。

    でも、これは故障ではありません。

    カメラの電源が自動で切れる理由

    ・長時間連続してカメラを使用する
    ・高温下で撮影する
    ・直射日光の当たるところにカメラを放置し、すぐに使用する 


    こういったことを、気温の高い日に行うと勝手にカメラの電源が切れます。
    今回は、ライブビュー撮影を、
    高温下でしたためにこのような事態になりました。

    日なたでは、ステンレスの水筒が持てないくらい熱くなる気温でした。
    こういった状況で外にカメラを置いていては、
    直射日光に照らされているのと同じようなものです。
    それも原因にあげられます。


    対策としては、

    しばらく涼しいところにカメラを置いて熱を冷ます。
    カメラ内部の温度が下がれば、また正常に作動します。

    高温からカメラを守る対策グッズ

    使い捨ての携帯冷却剤
    叩くと瞬間で、ひんやりしてくる熱中症防止グッズです。

    よく、冬場に外で撮影しているとカメラが冷たくなります。
    その結果、電池の消耗が激しくなるので、ホッカイロで電池部分をを温めてました。
    今回は逆の発想で、熱くなったデジカメを冷却剤で冷してみます。

    冷却剤は30分ほどしか持ちませんが、デジカメの高温を避けるには有効です。

     

    叩けば冷える 瞬間冷却剤 5枚




    撮影失敗なんてことがおきないために

    カメラが熱くならないように、気温の高い日には、直射日光を避けます。


    ​特に、動画など、長時間液晶画面撮影を行うとカメラが熱くなるようです。
    際にこの現象がおきるようです。

    今回の教訓として、夏日の撮影は、直射日光やカメラの温度に気を使おうと思います。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    [一眼レンズの選び方]

    ▼赤ちゃん撮影におすすめのデジタルカメラとレンズ

    最近の記事

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • みために惚れた!?デザインがおしゃれな人気デジカメとカメラ17選 
      PernoaAbisp (08/22)
    • みために惚れた!?デザインがおしゃれな人気デジカメとカメラ17選 
      Sekoazwrato (08/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM